公共事業改革市民会議
連絡先

〒223-0064
横浜市港北区下田町6-2-28

[ MAIL ]
メールは をクリック

[ TEL&FAX ]
045-877-4970

Home

石木ダム強制収用を許さない!東京集会開催

2020年2月13日[木] 東京都

長崎県・石木ダム建設のために、川原(こうばる)地区13世帯の人たちが住まいや田畑を強制収用され、ふるさとが奪われようとしています。
必要性のないダムのために、「強制収用」という人権侵害が行われることに対する抗議の声が広がっています。 石木ダムの事業認定取消訴訟では福岡高等裁判所が昨年11月、棄却判決を出しました。現地の方たちは、この司法の役割放棄を許さないため、最高裁判所に上告しました。

  • 最高裁には「司法の役割放棄を許さない」
  • 石木ダムに対して巨額の補助金を支出し続ける国土交通省と厚生労働省には「国の責任として、石木ダムの必要性を見直しさせる」
  • 首都圏の人たちには石木ダム事業の虚構と川原地区13世帯皆さんの想いを伝える・・・!

そして何よりも、支援者の皆さんが「石木ダム中止!」のエールを送り合う行動日です!是非ご参加ください。

2020.2.13スケジュール
  • 13時~14時 最高裁判所への要請行動(調整中)と上告集会
     集合場所と集合時刻:最高裁脇の三宅坂小公園 13時
  • 15時~16時 「国交省、厚労省への要請」(公共事業チェック議員の会ヒアリング)
     場所:衆議院第一議員会館大会議室
 当方からの参加者:弁護団、13世帯住民、支援者

石木ダム強制収用を許さない!東京集会

  • 場所:衆議院第一議員会館大会議室
  • 資料代:500円
  • 開始時刻:17時(16時30分から1階ロビーで入館票を交付します。)
  • 目的:
     川原地区13世帯の人たちの想いを伝えます。
     「石木ダムは不要!」、誰もが自信を持てます。
     「石木ダム不要! 私はこう思う!」、エールを交換しあいましょう。
  • 集会内容:
     「わたしはこうばるがだいすきです」子どもたちからのメッセージ(ビデオ上映)
     ふるさとを守る活動を続けています 岩下和雄さん
     石木ダムの必要性は失われている 嶋津暉之さん
     石木ダム裁判の現状 石木ダム事業認定取消訴訟弁護団
     「強制収用を許さない」賛同のよびかけ 石木ダム強制収用を許さない議員連盟
     国会議員から連帯のあいさつ(随時)
     参加団体から連帯のアピール

【共催団体】石木ダム建設絶対反対同盟等の地元7団体(石木ダム建設絶対反対同盟、石木川の清流を守り川棚川の治水を考える町民の会、石木ダム建設に反対する川棚町民の会、水問題を考える市民の会、石木川まもり隊、石木川の清流とホタルを守る市民の会、いしきを学ぶ会)、石木ダム対策弁護団、石木ダム強制収用を許さない議員連盟、石木ダム・強制収用を許さない県民ネットワーク、公共事業改革市民会議、江戸川区スーパー堤防取消訴訟を支援する会、東京の水連絡会、外環ネット、ラムサール・ネットワーク日本、中部横断自動車道八ヶ岳南麓新ルー沿線住民の会、横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会、水源開発問題全国連絡会(水源連)
【後援団体】公共事業チェック議員の会、 道路住民運動全国連絡会
【賛同団体】八ッ場ダムをストップさせる千葉の会
【問い合わせ先】
 水源連事務局 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 電話 090-8682-8610